セミナー:モノづくり現場の改善力を磨く【意識改革編】

~現場改善のノウハウを教えます~

 東南アジア等の新興国の台頭や顧客からのコスト低減要求など、近年の激化するグルーバル競争の中で製造業が生き残るためには、QDC(Quality、Delivery、Cost)の強化による海外や国内他社との差別化が必須です。顧客ニーズや事業環境が大きく変化している現在では、従来のモノづくりの固定観念を捨て、ムダのない生産方式に変革していくことが求められています。

 本講座では、モノづくり企業がグローバル競争を勝ち抜くための現場改善を推進する上で実践すべき考え方を学び、現場改善に向けた意識改革を図ります。

 こんな方にお勧めします。

  • 中小企業経営者、幹部
  • モノづくり現場の管理者、生産技術者
講師 福富 昇

一般社団法人東京技術士会
フクトコンサルティング 代表

詳細プロフィールはこちら

所要時間 3時間

依頼者のご要望に応じて調整いたします。

プログラム詳細
  1.  モノづくり部門に求められるもの
     1.1 製造業を取り巻く環境
     1.2 原価の構成
     1.3 製造部門のミッション

  2. 改善の考え方
     2.1 モノづくり力とは
     2.2 帰納的改善と演繹的改善
     2.3 現場改善の基本ステップ
     2.4 上流に遡った改善思考
     2.5 レスエンジニアリング
     2.6 ストライクゾーン管理 

  3. 改善のめざすところ
     3.1 ムダ排除
     3.2 7つのムダ
     3.4 有効作業と無効作業  

  4. 固定観念からの脱却
     4.1 現場改善の基本精神
     4.2 「下手な困り方」と「上手な困り方」
     4.3 オズボーンのチェックリスト
     4.4 部分最適から全体最適へ
     4.5 レスエンジニアリング
     4.6 部品の運搬と供給の考え方

  5. おわりに
     5.1 本日のまとめ
     5.2 現場改善成功の条件
     5.3 質疑応答

お申込み方法

セミナー開催ご希望の方は、ページ情報の「お問い合わせ、相談フォーム」からお知らせください。

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
03-3929-7158