セミナー:生産工学の全体像

~広義のものづくりプロセス生産工学とは?~

近年の製造業は単にものを作るにとどまらず、事業戦略、研究開発、事業企画から生産技術、製造技術ど広範かつ統合的な経営活動です。作れば売れた高度成長期とは異なり、お客様を満足させるだけでなく感動を与える製品をタイムリーに届けるべく、事業全体を最適化して初めて企業は発展が可能となり、そのために継続的な努力が必要です。
 本講義では生産工学概論全15回の初回として、講師が30年に渡って製造業に従事した経験をフルに盛り込み、現代製造業のプロセスとその管理の全体像を学習します。工業経営を革新する実用的な手法と考え方を習得してください。

講師 熊坂 治

熊坂技術士事務所 代表
東京農工大学客員教授 (技術経営入門、設計工学実践論)
博士(工学)、技術士(経営工学部門、総監部門)、技術経営修士(専門職)

詳細プロフィールはこちら

所要時間 90分

ご要望に応じて6時間まで時間を調整できます。

プログラム詳細
  1. 生産工学概論のオリエンテーション
    • 生産工学学習の重要性
    1. 生産とは
    2. 生産工学とは
    3. 製造事業プロセスフロー
    4. 産業構造の変化
    5. 日本の製造業の重要性
  2. 近年の製造業の特徴
    1. 技術レベルの高度化、複雑化
    2. 高付加価値化
    3. グローバル化
    4. 安全・環境重視
    5. ソフトウェア化
    6. ネットワーク対応
  3. イノベーションとは
    1. Industrie3.0
    2. Society 5.0
    3. 製造業の歴史的発展経緯
    4. 製造業革新の必要性
  4. ものづくり問題解決の構造
    1. ものづくり工学マトリクス
  5. 技術経営戦略
お申込み方法

セミナー開催のご依頼は、ページ情報の「お問い合わせ、相談フォーム」からお知らせください。

提携サービス「ものづくりセミナーサーチ」から、オンデマンドでの受講も可能です。

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
03-3929-7158