セミナー:モノづくり現場の改善力を磨く【IE手法編】

~現場改善のノウハウを教えます~

 東南アジア等の新興国の台頭や顧客からのコスト低減要求など、近年の激化するグルーバル競争の中で製造業が生き残るためには、QDC(Quality、Delivery、Cost)の強化による海外や国内他社との差別化が必須です。

 現場改善は、経験や勘、ひらめきに頼るのではなく、科学的な方法で問題点を発見し、解決していくべきものです。IE (Industrial Engineering)は、「人、モノ、金、情報などの経営資源を科学的な方法で有効に使い、市場の要求する商品とサービスを高品質で安くタイムリーに供給する」と定義されています。

 IE手法を活用して現状分析を行い、問題点を発見し、IE的な考え方で改善を実行することが求められており、本講座では、問題点を定量的に把握し改善を図っていくために必要なIE分析、IE改善手法を学びます。

 こんな方にお勧めします。

講師 福富 昇

一般社団法人東京技術士会
フクトコンサルティング 代表

詳細プロフィールはこちら

所要時間 3時間

依頼者のご要望に応じて調整いたします。

プログラム詳細
  1.  前講の振り返り
    1.2 ムダ排除
    1.3 現場改善成功の条件

  2. IEとは
    2.1 IEの定義
    2.2 IEエンジニアの条件

  3. IE分析手法
    3.1 時間分析手法:
       ストップウォッチ法、ワークサンプリング法、RWF法、VTR法、有効動作分析法
    3.2 工程分析手法
       工程分析法、From toチャート、流れ線図
    3.3 稼働分析手法
       マンマシンチャート、設備稼働分析、生活分析
    3.4 効率
       レイティング法、バランスロス分析
  4. IE改善手法
    4.1 5S3定
    4.2 設備総合効率向上
    4.3 ラインバランス改善

    4.4 レイアウト改善
    45 作業標準化
    4.6 小ロット化
    4.7 セル生産方式
    4.8 プッシュ生産とプル生産
    4.9 生産性を向上させる工場内レイアウトの考え方
  5. おわりに
    5.1 本日のまとめ
    5.2 質疑応答
お申込み方法

セミナー開催ご希望の方は、ページ情報の「お問い合わせ、相談フォーム」からお知らせください。

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
03-3929-7158